MENU

PMSがひどくなった主な原因や対処法は?クリニックへ行くタイミングも解説

※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

あなたの症状は?
PMS症状別対処法

イライラや不安感

PMSサプリや精神安定剤

詳しくみる

生理前のイライラや不安には、リラックス効果が期待できるハーブや精神安定剤がおすすめ!PMSサプリなら、チェストツリーやセントジョーンズワートを効率的に接種可能。

>>おすすめPMSサプリ
16選をチェック

体がイタい・ツラい

低用量ピルや漢方薬

詳しくみる

重い生理痛の緩和は、ホルモンバランスを整えることが重要!低用量ピルなら早い効果が期待できる。オンライン・クリニックなら、自宅で処方し最速翌日到着。

>>オンラインで低用量ピルが
買えるクリニックをみる

食べ過ぎ・太る

糖質制限や置き換え

詳しくみる

生理中に食欲が増すのは、ストレス・ホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高い!海藻や大豆など、効果的な食事を覚えて食欲をコントロールしよう。

生理周期外のPMS

産婦人科・専門クリニックへ

詳しくみる

生理周期に合わないPMSの症状は、PMS以外の病気や疾患の可能性あり!原因がわからない方は、近くの産婦人科・クリニックで診断してもらうのがおすすめ。

あなたの症状は?
PMS症状別対処法

イライラ・不安感
  • PMSサプリ
  • 精神安定剤
詳しくみる

生理前のイライラや不安には、リラックス効果が期待できるハーブや精神安定剤がおすすめ!PMSサプリなら、チェストツリーやセントジョーンズワートを効率的に接種可能。

>>おすすめのPMSサプリ16選

体が痛い・ツラい
  • 低用量ピル
  • 漢方薬
詳しくみる

重い生理痛の緩和は、ホルモンバランスを整えることが重要!低用量ピルなら早い効果が期待できる。オンライン・クリニックなら、自宅で処方し最速翌日到着。

>>オンライン・クリニック5選

食べ過ぎ・太る
  • 糖質制限
  • 置き換え
詳しくみる

生理中に食欲が増すのは、ストレス・ホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高い!海藻や大豆など、効果的な食事を覚えて食欲をコントロールしよう。

生理周期外のPMS
  • 産婦人科
  • 専門クリニック
詳しくみる

生理周期に合わないPMSの症状は、PMS以外の病気や疾患の可能性あり!原因がわからない方は、近くの産婦人科・クリニックで診断してもらうのがおすすめ。

生理前になると、イライラや腹痛などの不調に悩む女性の方も多いのではないでしょうか。

生理前の心身の不調はPMSと呼ばれ、日本人女性の半数がPMSの症状に悩んでいます。PMSの症状がひどい場合は、日常生活に支障が出るケースもあります。

また、PMSの症状はライフステージによって変わるため、年齢とともにPMSの症状がひどくなったと感じる方もいるでしょう。

本記事ではPMSがひどくなる原因や対処法、クリニックに行くべきタイミングを解説します。

この記事の監修:吉岡範人先生

医療法人社団都筑会 つづきレディスクリニック 院長。低用量ピルの処方数日本一を誇る、名実ともに月経困難症や月経前不快気分障害(PMDD )改善に向けたピル処方のエキスパート。女性のパフォーマンス向上のために低用量ピルの利用を提案しており、 体調や状態に合わせて服用することで、働く女性をはじめ、部活動やスポーツをする 女性のコンディションを向上させることを目的に医療に従事。日本産科婦人科学会専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。

【クリニック】
つづきレディスクリニック

【住所・電話番号】
神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目2-1

ヴァンクールセンター北4F

\定期縛り一切なし!/
おすすめPMSサプリ3選

スクロールできます
商品
Smile Seed
(スマイルシード)

withmoon
チェストベリーサプリ

LUNA
ハーバルサプリメントプレミアム
ポイント全額返金保証
電話サポート
薬剤師が対応
1日約63円から
業界最安サプリ
販売100万個超
飲み分けセット
価格■1袋定期コース
2,138円
■2袋定期コース
4,277円
■1袋定期コース
1,899円
■プレミアムコース
6,998円
※1ヶ月分セット
送料

350円


無料


無料
定期縛り
なし

なし


なし
返金保証 

全額返金※1


なし


なし
容量※260カプセル/1袋60粒/1袋28粒/各種1袋
詳細公式サイト公式サイト公式サイト
※料金は税込表記です。※1 3袋試した後、効果を感じなかった場合に限り全額返金 ※2 1日あたり2粒摂取・1カ月分の容量です
目次

PMSの症状が悪化する主な原因

PMSの症状は、年齢による体調変化の影響を受けます。

一般的にPMSの症状は30代がピークとされており、下腹部痛や頭痛などの身体的な症状に加え、精神的な症状も現れ、症状が悪化する傾向にあります。

PMSの症状が悪化する原因はいくつかあるため、次のような生活習慣に心当たりのある方は注意が必要です。

仕事や家事のストレス

仕事や家事のストレスは、自律神経の乱れにもつながるため、PMSの症状を悪化させるリスクがあります。

月経前は、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量が減少するため、普段は気にならない些細なことでもイライラしやすくなります。

月経前に仕事や家事のストレスを溜め込むと、自律神経失調症の発症リスクも高まります。

PMSの症状による不調を我慢しながら家事や育児をすると、ストレスが溜まりPMSを悪化させる原因となります。

タバコを吸う

喫煙には血管を収縮させる作用があり、血流が悪くなると、冷えや自律神経のバランスが崩れる原因となります。

自律神経が乱れて交感神経が優位になると、イライラしやすくなるため、PMSの症状が悪化する可能性があります。

また、喫煙による女性特有のデメリットとして、女性ホルモンの減少や不妊につながる可能性も指摘されています。

アルコール摂取

月経前に分泌量が増える女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンには、肝臓のアルコールの代謝を悪くする作用があります。

月経前のアルコール摂取は二日酔いや悪酔いの原因となり、PMSの症状を悪化させます。

また、月経前には血糖値を下げる効果のあるインスリンの作用が弱まります。

アルコール摂取により上昇した血糖値を下げるために、多量のインスリンが分泌されます。

糖質の高いお酒などを多量に摂取すると、PMSの悪化に加えて、低血糖につながるリスクもあるため注意が必要です。

カフェイン摂取

カフェインには神経を刺激する作用があるため、月経前にカフェインを摂取すると、イライラや情緒不安定などPMSの症状を悪化させる可能性があります。

1日2杯のコーヒーを飲んだ女性は、PMSの症状が悪化しやすいというデータも出ています。

また、コーヒー以外にもカフェインを多く含む食品がある点に注意が必要です。

  • 紅茶
  • 緑茶
  • エナジードリンク
  • チョコレート

PMSの症状の悪化を抑えたい方におすすめのサプリメント3選

\定期縛り一切なし!/
おすすめPMSサプリ3選

スクロールできます
商品
Smile Seed
(スマイルシード)

withmoon
チェストベリーサプリ

LUNA
ハーバルサプリメントプレミアム
ポイント全額返金保証
電話サポート
薬剤師が対応
1日約63円から
業界最安サプリ
販売100万個超
飲み分けセット
価格■1袋定期コース
2,138円
■2袋定期コース
4,277円
■1袋定期コース
1,899円
■プレミアムコース
6,998円
※1ヶ月分セット
送料

350円


無料


無料
定期縛り
なし

なし


なし
返金保証 

全額返金※1


なし


なし
容量※260カプセル/1袋60粒/1袋28粒/各種1袋
詳細公式サイト公式サイト公式サイト
※料金は税込表記です。※1 3袋試した後、効果を感じなかった場合に限り全額返金 ※2 1日あたり2粒摂取・1カ月分の容量です

PMSの症状とその原因が分かったところで、症状の改善効果があるサプリメントを紹介します。

PMSや生理による不調の改善はもちろん、女性の心身の健康や美容をサポートする効果が期待できるため、ぜひチェックしてみてください。

Smile Seed(スマイルシード)

Smile Seed(スマイルシード)
  • 女性の心身の健康をサポート
  • PMSの症状を緩和する成分配合
  • 3ヶ月の全額返金保証で安心
料金2,673円
定期コース■定期コース
2,138円
■2袋定期コース
4,277円
内容量530mg×60カプセル
(約1ヶ月分)
成分食用ボラージシード油
チェストベリー乾燥エキス
ビタミンE・B6
公式サイト詳細をみる
※料金はすべて税込表示です。

Smile Seed(スマイルシード)は、頑張る女性の心身の健康をサポートするサプリメントです。

チェストベリーなどのPMSによる不調を緩和する成分や、ビタミンEやB6などの美容成分が配合されており、女性の健康と美容をサポートしてくれます。

定期購入に縛りはなく、3か月の全額返金保証制度もあるため、お試しとして気軽に購入することができます。

withmoonチェストベリーサプリ

withmoonチェストベリーサプリ
  • 女性特有の悩みに寄り添うサプリメント
  • ゆらぎを和らげる栄養素の配合
  • フランス海岸松配合
料金1,998円
定期コース■定期コース
1,899円
■3袋定期コース
5,670円
内容量250mg×60粒
(約1ヶ月分)
成分チェストベリーエキス
フランス海岸松
春ウコン
ビタミンB2・B6
公式サイト詳細を見る
※料金はすべて税込表示です。

withmoonチェストベリーサプリは、毎月変化する女性特有の身体のリズムや悩みに寄り添うサプリメントです。

チェストベリーをメインにフランス海岸松など、女性特有のリズムであるゆらぎをサポートする成分や、ビタミンやミネラルなどの美容や健康によい成分が配合されています。

購入回数に縛りのない定期コースや、まとめ買いでの購入がお得です。

LUNAハーバルサプリメントプレミアム

LUNAハーバルサプリメントプレミアム
  • 月のリズムにあわせて飲み分ける
  • 女性の魅力アップをサポート
  • 定期購入で通常料金から34%オフ
料金10,530円
定期コース■定期コース
6,998円
■3袋定期コース
20,844円
内容量250mg×28粒
(約1ヶ月分)
成分エクオール
エラスチン
メロンプラセンタ
公式サイト詳細を見る
※料金はすべて税込表示です。

LUNAハーバルサプリメントプレミアムは、女性の月のリズムに合わせて2種類のサプリメントを飲み分けるという新発想の商品です。

2種類のサプリメントには、PMSの症状の緩和に効果的なチェストツリー、エクオールなどの美容成分が配合されており、ぞれぞれ体のリズムに合わせて飲み分けることで、女性の魅力アップをサポートしてくれます。

通常価格の34%オフで購入できるお得な定期コースでの購入がおすすめです。

【注意】20代・30代はPMSの症状が悪化しやすいと言われている

PMSの症状が悪化しやすい時期は、20~30代と言われています。

20代は、下腹部痛や頭痛などの身体的な症状が悪化しやすい傾向があります。

理由は不規則な食生活や寝不足、仕事のストレスから、自律神経が乱れやすい年代であるためです。

30代は、身体的な症状に加えて、イライラや情緒不安定などの精神的な症状が強く見られるようになります。

結婚や妊娠、出産などライフステージの変化によるストレスが、30代のPMSの症状悪化につながっていると考えられています。

PMS症状がひどくなった際の対処法

PMSの症状は、生活習慣の改善や薬の服用で改善できる可能性があります。

ここでは、PMSの症状がひどくなった場合に試すべき8つの対処法を紹介します。

リラックスする

PMSの症状を感じた場合、リラックスや気分転換をおこないましょう。ストレスや緊張状態が続くと、PMSの症状を悪化させる可能性があります。

PMSの症状が現れる時期には、仕事を調整したり家事を家族と分担したりして、休養が取れる時間をつくりましょう。

アルコールやタバコを控える

PMSの症状にアルコールやタバコは大敵です。PMSの症状に悩んでいる方は、禁酒や禁煙をおすすめします。

ただし、禁酒や禁煙がストレスになると逆効果です。ストレスがかかりやすいPMSの時期を避けて、禁酒や禁煙に挑戦すると、成功しやすいでしょう。

栄養バランスが整った食事をする

偏った食生活はPMSの症状を悪化させるリスクがあるため、栄養バランスが整った食事を心がけましょう。

PMSの症状の改善には、イライラを抑えるビタミンB6やカルシウム、不安感や緊張の緩和効果があるマグネシウムの摂取がおすすめです。

積極的に摂取したい栄養素を含む食材は次のとおりです。

ビタミンB6牛や豚、鶏レバー、マグロの赤身、きなこ、ナッツ
ビタミンE植物油、ナッツ
カルシウムチーズ、シシャモ、大根、小松菜
マグネシウムあずき、納豆、昆布、ワカメ
大豆イソフラボン納豆、豆腐、油揚げ、豆乳

栄養バランスが整った食事には、美肌や保湿、アンチエイジング効果など、PMSの症状改善以外にもさまざまなメリットがあります。

参考:ソフィ

生理痛用の内服薬を使用

頭痛や腹痛、腰痛などの症状が現れている場合、生理痛用の内服薬を使用します。

PMSの症状改善を目的とした内服薬を服用すれば、身体的な症状に限らず、精神的な症状の改善にも効果を期待できます。

有酸素運動

有酸素運動によりドーパミンやセロトニンの分泌を促すと、ストレス緩和やリラックス効果が期待できます。

また、日中に太陽の光を浴びて運動すると、セロトニンの分泌が促されることが判明しています。

PMS期間はセロトニンの分泌が減少するため、有酸素運動によりセロトニンの分泌を増やすことは大切です。

PMSで心身が不調でも取り入れやすい有酸素運動は次のとおりです。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ホットヨガ
  • ピラティス

有酸素運動は女性の美容にもよいため、無理のない範囲で運動を始めましょう。

マッサージや入浴

冷えもPMSの症状であるため、マッサージや入浴が効果的です。マッサージや入浴により血行を改善すると、冷えを解消できます。

また、マッサージや入浴は、ストレス緩和やリラックス効果も期待できるため、PMSで精神的な症状が現れている方にもおすすめです。

とくに、ぬるま湯での半身浴は、リラックスにつながる副交感神経を優位にする効果があります。

また、就寝1~2時間前の半身浴は、良質な睡眠にもつながります。

下着は身体を締め付けないサイズに変える

締め付けのきつい下着で血流を圧迫すると、PMSの症状を悪化させる原因になります。

また、PMSの症状が現れている時期に身体を締め付ける下着を着用していると、ストレスにもつながるため、適切なサイズのものを着用することをおすすめします。

PMSの症状を記録しておく

PMSの症状が出たタイミングや状況を記録しておくと、PMSの症状がひどくなりやすい時期に気がつけます。

PMSの症状がひどくなるタイミングを把握すると、体調のよい時期にPMSへの対策をおこなえます。

また、PMSの症状記録は、クリニックに受診する際に役立ちます。クリニックが提供するPMS症状日記のテンプレートもあるため、印刷して活用するのもよいでしょう。

PMSの症状がひどくなった際は産婦人科を受診

生理による不調は病気ではないと考えやすいものの、PMSによる不調は日常生活に支障をきたすケースもあります。

また、PMSの症状が急にひどくなった場合はPMS以外の病気も疑われるため、不調を我慢することで、重篤な病気を見逃すリスクもあるでしょう。

ここではPMSでクリニックに行くタイミングについて解説します。

クリニックへ行くタイミング

PMSの症状でクリニックに行くタイミングは、いつでも問題ありません。

PMSの症状がつらいと感じる方は、気軽にクリニックを受診しましょう。PMSの診察は、基本的に産婦人科で受診できます。

ただし、精神的な症状が大きくPMDDが疑われる場合、うつ病や双極性障害の併発のリスクもあるため、精神病院や心療内科への受診が適している場合もあります。

PMS症状の記録を持参

クリニックを受診する際は、PMS症状の記録を持参するとスムーズです。

PMSの症状の記録には、次のような内容を記録します。

  • 月経の開始・終了の日付
  • 症状の現れた日付
  • どのような症状が現れたか
  • 月経の量

記録がない方は、問診での診断も可能です。

PMSの検査内容

一般的に、PMSの診察でおこなわれる検査は次のとおりです。

  • 問診
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 内診、もしくは超音波検査

問診により適切な検査方法が判断され、検査が実施されます。

内診による検査では、子宮内膜症や子宮筋腫など他の病気の可能性も診断できます。

内診以外の検査方法もある

出産の経験がない方や、若年層の方の場合、内診に抵抗がある方も多いでしょう。

内診以外の検査を希望する場合、エコーによる超音波検査での検査も選択可能です。

男性医師による診察に抵抗がある場合は、口コミや評判などをチェックし、女性医師の在籍するクリニックを選択しましょう。

PMSの治療方法

PMSの治療方法には、症状の度合いによってカウンセリングや生活指導、運動療法などが選択されます。

PMSの症状が生活に支障をきたしている場合には、薬物治療が選択されるケースもあります。

ここでは、PMSの症状を改善する薬物治療の種類について解説します。

薬物治療

薬物治療では、低用量ピルを内服するホルモン療法がPMSの症状改善に高い効果を期待できるでしょう。

低用量ピルは排卵を抑制する作用によって、女性ホルモンの急激な変化を防ぎ、PMSやPMDDの症状を改善できます。

ピルは避妊薬のイメージも強く抵抗がある方もいるものの、低用量ピルのオンライン処方を実施しているクリニックも増えています。

ただし、妊娠を希望している方や妊活中の方は、低用量ピルによるPMSの治療は適していません。また、精神的なPMSの症状が強く現れる場合、抗うつ剤の使用も検討します。

漢方薬治療

PMSの症状の改善には、漢方薬による治療も効果的です。

PMSの症状は200種類以上あるとされており、症状にも個人差があるため、適した漢方薬で治療する必要があります。

PMSの代表的な症状に効果が期待できる漢方薬は次のとおりです。

・イライラ
・不眠
加味逍遙散
(カミショウヨウサン)
・疲労感
・冷え性
・むくみ
当帰芍薬散
(トウキシャクヤクサン)
・ストレス
・頭痛
桂枝茯苓丸
(ケイシブクリョウガン)
・疲労感
・倦怠感
補中益気湯
(ホチュウエッキトウ)

漢方薬の場合は、妊娠を希望する方や授乳中の方でも服用できるものがあります。

ドラッグストアなどで漢方薬は購入できるものの、PMSの治療が目的であれば保険が適用されるケースもあるため、クリニックでの処方がおすすめです。

まとめ

生理前に心身の不調を感じたことがない女性を探す方が難しいのではないでしょうか。

排卵から月経にかけてのタイミングで、心身に現れる不調をPMSと呼びます。PMSの症状はライフステージによって変化があり、30代が症状のピークとなります。

しかし、PMSの症状は、適度なストレス解消やリラックス、運動などで緩和できます。

PMSの症状がひどくなると、日常生活にも支障が現れるケースも少なくありません。

PMSではなく、ほかの婦人系疾患である場合もあるため、我慢せずにクリニックを受診する選択も大切です。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次