プラセンタとは?

【プラセンタ】とは胎盤のことです。 胎盤は赤ちゃんとお母さんの間の酸素や栄養分をやり取りする臓器です。胎盤には赤ちゃんが育つのに十分な栄養分がぎっしりつまっています。人間を除く全ての”ほ乳動物”は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまうそうです。 胎盤には自然治癒力を回復させる効果があり、出産により低下した体力を速やかに回復させると考えられています。 このような自然界の事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ、古くから医薬品として応用されてきました。

プラセンタ療法について

プラセンタ療法とは、プラセンタ(胎盤)から抽出されたエキスの有効成分を、注射・内服などにより体内にとりこむ治療です。胎児の発育に必要不可欠な成分を抽出した、アミノ酸、ビタミン、ミネラル等多くの有効成分を含むプラセンタエキスを体内に取り込むことで、肝機能障害や更年期障害・アレルギー等の諸症状を緩和するため、古くから治療に用いられてきた、安心・安全な療法です。同様の理由で、近年は美肌効果(肌つや、きめ、乾燥、しみの改善)もあるとされてきています。人の胎盤から抽出された安全で良質なヒューマンプラセンタを当院では用いています。また、ホルモンを除去し完全滅菌してありますので、感染症等の心配はありません。投与方法は皮下注射を採用しています。静脈注射などで行う病院もありますが、日本胎盤医療研究会でも推奨されていないので当院では行いません。

プラセンタの最大の特徴は『自然治癒力』を高めることであり、体の不調を慢性化させない自然治癒薬として注目を集めています。また肝炎と更年期障害に対する保険適応があり、厚生労働省から許可されている副作用の少ない薬です。基本的には保険適応で対応しておりますので、更年期障害の患者さんが対象になります。また、病気の性質上更年期のお薬を使いづらい方も対象となります。特に乳がん治療後の方などはホルモン剤を使用することが難しい方もいます。そのような方の更年期症状の改善にはプラセンタが有効であると考えます。

☆回数は開始当初は1~2回/週をお勧めしています。
☆保険診療で行う場合(更年期症状に対して)は約500円/回程度の負担になります。
☆自費で美容目的に施行されたい方はご相談ください。(1500円/回で施行可能です)