避妊をしなかった、避妊をしたけれど失敗した、避妊をしたけれど妊娠の不安がある。このような場合に72時間以内に内服することで避妊することができるホルモン剤をアフターピル(ポストピル:緊急避妊薬)といいます。このホルモン剤を飲むことで①排卵を妨げる ②受精卵が着床しにくくすることで妊娠を緊急的に回避することができます。72時間以内に内服するお薬ですが、なるべく早く、24時間以内に内服する方がより効果的であると考えられています。

緊急避妊には2種類の方法があり、従来から使用されてきたヤッペ法と新しい薬であるノルレボがあります。 当院では基本的に新しい薬剤であるノルレボを使用しています。 ノルレボは72時間以内に一回内服する薬で、妊娠阻止率は85%になります(※1)。24時間以内であれば妊娠阻止率は95%となります(※1)。ヤッペ法と比較すると副作用は非常に少ないことが報告されています。

ヤッペ法は72時間以内に2錠、その12時間後に2錠を内服する薬で、72時間以内に内服すれば57%の妊娠阻止率です(※1)。24時間以内であればその妊娠阻止率は77%になります(※1)。通常治療に用いるプラノバールを用いていますが、1回に2錠を飲むので副作用として吐き気や頭痛が起こりやすいです。

なお、どちらの緊急避妊法も100%避妊できるわけではなく、内服後3週間後に産婦人科を受診して妊娠しているかどうかのチェックが必要です。通常は生理様の出血があれば問題ありませんが、本当に生理であるかどうかはわかりません。生理ではなく不正出血であることもあるので十分に注意が必要です。当院では排卵の可能性が高いかどうかを超音波で確認しています。超音波を含めて対応させていただいております。

(なお、どうしても処方のみを希望される方はご相談ください)

※1平成28年度日本産科婦人科学会緊急避妊法の適正使用に関する指針より

初診料+超音波+ノルレボ処方=10000円

(初診料+超音波+ヤッペ法=7000円) 基本的にはノルレボを使用しています。

★注意点

 どちらの緊急避妊薬も100%の避妊効果はありません。ガイドライン上も3週間後の妊娠のチェックが推奨されています。また、排卵を遅らせる効果がありますので、その後に避妊しない性交渉を行った場合には妊娠する可能性があります。望まれない妊娠を避けるためにも当院では積極的に低用量ピル(OC)の処方をお勧めしています。低用量ピルは内服することで避妊することができ、その失敗率は0.3%程度です。緊急避妊薬を内服された方は今後の生活を安心して送るためにも低用量ピルの内服をご考慮ください。

 なお、今回緊急避妊薬を内服する理由でどうしても診察を行いたくない方はご相談ください。