MENU

産婦人科でアフターピルだけもらう方法は?手順やおすすめの購入方法も解説

産婦人科でアフターピルだけもらう方法は?手順やおすすめの購入方法も解説

※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

アフターピル(緊急避妊薬)は、主に産婦人科や婦人科のあるクリニックで処方を受けたうえで購入できる医薬品です。

避妊に失敗し、緊急的にアフターピルが欲しいときは、アフターピルを受ける手順や購入時の注意点について事前に理解を深める必要があります。

また、クリニックで購入できるアフターピルは複数の種類があるため、事前に種類や有効期間を知ることも重要です。

そこで今回は、産婦人科でアフターピルのみをもらう方法を紹介します。

購入手順や注意点、産婦人科以外の場所でアフターピルを手に入れる方法もあわせて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

安い値段でアフターピルを買うなら・・・

メデリピル

提供:メデリピル
最短お届けピルの種類診療実績

最短当日

全14種

診療満足度98%
こんな人におすすめ!
  • 即日配達して欲しい
  • 衛生面が気になる方
  • 衛生面が気になる方

アフターピルの料金

ピル名通常
料金
ノルレボ11,000円
レボノスゲストレル9,900円
※価格は全て税込価格です。
メデリピル
ピルの即日
発送条件
17:00までに
決済完了
診療時間10:00〜23:00
診察料金初診1,650円
再診1,650円
配送料送料無料
公式サイト詳細
※価格は全て税込価格です。
目次

産婦人科でアフターピルだけをもらう方法

医師の処方

産婦人科でアフターピルのみをもらうためには、まずアフターピル処方に対応している産婦人科を探し、医師から診療を受ける必要があります。

アフターピルを購入するためには、原則として医師の診療と処方が必要です。

アフターピルは避妊の目的で服用するとはいえ、医薬品のため、処方の際は医師による健康チェックや用法の説明が欠かせないからです。

医師による診療は省略できず、産婦人科でアフターピルの購入のみは認められないため注意しましょう。

そのほかの検査は不要ですが、診療→処方→アフターピル購入の手順は必須です。

産婦人科でアフターピルだけもらう場合の費用目安

費用

産婦人科でアフターピルのみをもらう場合、合計費用は10,000円前後が目安です。

たとえば東京渋谷にあるフィットクリニックでは、アフターピルの費用は7,000円~12,000円です。

フィットクリニックでは診察料や指導料、処方料などの費用はかからないため、アフターピルの購入費用のみを支払います。

しかし診察料や処方料がかかるクリニックもあり、その場合はアフターピルの費用とあわせて料金が必要となります。

また、オンライン診療を利用しアフターピルの自宅配送を受ける場合は、送料や代引き手数料もかかるため注意が必要です。

ピルの料金にあわせて初診料や送料が必要になる場合があるため、総額10,000円前後の費用がかかることをあらかじめ認識しておきましょう。

産婦人科でアフターピルをもらうまでの手順

手順
climbing ladder of success step by step concept with wooden blocks

産婦人科でアフターピルを購入するまでの手順、流れは次のとおりです。

  1. 問診票の記入
  2. 診察
  3. 支払い
  4. アフターピルの受け取り

アフターピルは早めに服用することが重要です。

必要となった際にあわてないためにも、手順を一つ一つ確かめておきましょう。

ステップごとに重要なポイントを解説します。

1:問診票の記入

産婦人科でアフターピルを受け取るときは、医師の診療を受ける前に、まず問診票を記入します。

問診票には、疾患や服用中の薬の有無を細かく書いていきます。

クリニックによりWeb問診票を取り入れているところもあるため、その場合は予約とあわせて問診票をWeb上で入力します。

アフターピル服用に際して不安や疑問を抱いていることもがあれば、問診票に記入しておきましょう。

2:診察

アフターピルの処方を受けるためには、事前に医師の診察を受けなければなりません。診察の際は複雑な検査は必要なく、おこなわれる診察は簡単な問診のみです。

そのためアフターピル処方を希望する方は、オンライン診察が選べる場合もあります

オンライン診察なら離れた場所からでも診察が受けられるため、近くに産婦人科がない方でも安心です。

診察を終えたあとは、アフターピルの飲み方や副作用について説明を受ける流れです。

3:支払い

診察終了後は、産婦人科の受付で会計を済ませます。

費用はアフターピルの購入費用のほかに、診察料や処方料などが別途かかる場合があります

支払い方法は現金のほかにクレジットカードやスマートフォン決済が利用できる場合があるため、詳細はクリニックに確認しましょう。

4:アフターピルの受け取り

支払いを済ませたあとは、アフターピルを受け取ります。

アフターピルは産婦人科で直接受け取れることが多く、直接受け取れる場合は処方箋持参で薬局を訪れる必要はありません。

クリニックにより、受け取り時に詳しい用法について説明がある場合もあります。

オンライン診療を受けた方は、アフターピルは原則として自宅へ配送となります。

郵便や宅配便によるポスト投函になるため、宛先と差出人をよく確認したうえで受け取りましょう。

産婦人科でもらえるピルの種類

薬を飲む

アフターピルは複数の種類があるため、購入する際は、どのような種類があるのか前もチェックしておきましょう。

産婦人科で処方可能なアフターピルの種類は、次のとおりです。

  • プラノバール
  • レボノル
  • エラ

種類ごとに特徴を解説します。

プラノバール

プラノバールは、厳密にいうとアフターピルではなく、中用量ピルに分類されるピルです。

主に月経移動や月経困難症の治療薬として処方されますが、近年はアフターピルとしても多くのクリニックで処方されています。

プラノバールの場合、性行為から72時間以内の服用で、60%前後の避妊効果に期待ができます。

また、プラノバールは比較的ホルモン量が高いピルとして知られているため、副作用が出やすい傾向です。

主な副作用は次のとおりです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 眠気

服用時は、副作用の症状に十分注意する必要があります。

レボノル

レボノルは、レボノルゲストレルのことであり、もともとあったノルレボ錠の後発薬となります。

厚生労働省の認可を受けたアフターピルのため、比較的安心して服用できることが利点です。

性行為から72時間以内に服用で、80%前後の高い確率で避妊効果が望めます。

副作用は、人により吐き気や嘔吐、頭痛などの症状が出ることもありますが、ほぼ気にならないといえます。

エラ

エラは、性行為から120時間以内を有効期間とするアフターピルです。

レボノルゲストレルやプラノバールよりも有効期間が長く、72時間を過ぎてから避妊効果を得たい場合は、エラの服用が望ましいでしょう。

エラは厚生労働省の認可は受けていませんが、アメリカの承認機関であるFDAの認可は獲得しています。

副作用は頭痛や吐き気、倦怠感、腹痛などが挙げられますが、レボノルゲストレルと同様にそこまで気になる症状ではありません。

避妊効果を得るためには、服用直後の嘔吐はできる限り我慢する必要があります。

産婦人科以外でアフターピルをもらう方法

オンライン診療

一般的な産婦人科以外の場所でアフターピルを購入する方法は、オンラインクリニックがあります。

ここからは、オンラインクリニックの特徴を解説します。

オンライン診療でもらう

オンラインクリニックによるオンライン診察でも、アフターピルの処方は可能です。

オンラインクリニックはオンライン診療に特化したクリニックサービスであり、もちろん診察を担当する方は専門資格を持つ医師です。

アフターピルのみでなく、クリニックにより低用量ピルや漢方薬、薄毛治療薬などの処方にも対応しています。

アフターピルをオンラインクリニックで購入する流れは、次のとおりです。

  1. Web予約
  2. Web問診票を入力
  3. ビデオ通話または音声通話で診察を受ける
  4. 支払い
  5. アフターピルを自宅配送で受け取る

オンライン診療は一般的な産婦人科と比べると、診療時間の幅が広いことが利点です。

夜遅い時間帯や土日でも診療可能なため、忙しい方でも利用しやすい傾向にあります。

近隣に産婦人科がない方、産婦人科に行く時間がない方は、オンラインクリニックの利用を積極的に検討してみましょう。

ドラッグストアでは購入できない

一般的なドラッグストアでは、原則としてアフターピルの購入はできません。

アフターピルは市販薬ではなく、医師の処方が必要な医薬品だからです。

市販薬としてドラッグストアの店頭に並んでいると誰でも購入できてしまうため、原則としてドラッグストアでのアフターピルの取り扱いはありません。

近年は、一部のドラッグストアでアフターピルの取り扱いが開始していますが、購入するためにはやはり処方箋が必要です。

アフターピルの処方を受けるために、いずれにしても医師の診察は必須になります。

そのためアフターピルを購入したいときは、産婦人科またはオンラインクリニックを受診しましょう。

通販サイトでアフターピルを購入するのは危険

バツ印

アフターピルが買える場所はほかに通販サイトもありますが、通販サイトの利用は危険です。

通販サイトで販売されているアフターピルは、海外から個人輸入で取り寄せるため、次のようなリスクが伴うからです。

  • 粗悪品や偽造品がある
  • 個人情報流出のリスク
  • 届くまで1週間以上かかる
  • 副作用の処置ができない

上記のリスクは、安心安全にアフターピルを服用するうえで見過ごせません。

それぞれのリスクを具体的に解説します。

粗悪品や偽造品がある

アフターピルを通販サイトで購入すると、粗悪品や偽造品が送られてくる可能性があります。

医薬品の個人輸入は個人的に海外から取り寄せる行為のため、販売前の厳重な品質チェックがおこなわれないからです。

原則として、企業が海外から医薬品を取り寄せる場合、患者に健康被害が出ないように医薬品には厳しい品質チェックが実施されます。

しかし、個人輸入の場合、専門家による品質管理や検査の工程はなくなるため、粗悪品や偽造品が紛れるリスクは増します。

万が一アフターピルの粗悪品や偽造品を服用すれば、自身に健康被害が出る恐れがあるため非常に危険です。

品質が保証されないリスクがあることから、通販サイトは安易に利用すべきでないといえるでしょう。

個人情報流出のリスク

アフターピルを通販サイトで購入すると、個人情報流出のリスクも伴います。

医薬品を個人輸入する通販サイトは、海外の輸入代行業者が運営していることが多く、次のようなトラブルがよく見受けられます。

  • 通販サイト利用後に迷惑メールが頻繁に届くようになった
  • クレジットカードの不正利用被害に遭った

海外の通販サイトは国内の個人情報保護のルールが適用されず、セキュリティ水準が低いサイトも少なくありません

最初から詐欺を働く目的で運営されている悪質なサイトも存在するため、利用は控えるべきでしょう。

届くまで1週間以上かかる

アフターピルは、遅くとも120時間以内に服用しなければならない緊急避妊薬です。

購入と服用はできる限り早めに済ませる必要がありますが、通販サイトを利用すると、届くまでに1週間以上かかることになります。

通販サイトは、海外からの取り寄せになる性質上、スピーディーな対応が難しいからです。

そのため通販サイトで購入したアフターピルは、高い避妊効果が望めなくなります。

結果、望まない妊娠に悩む可能性があるため、通販サイトの利用は避けたいところです。

副作用の処置ができない

海外から取り寄せるアフターピルは、副作用が出たときに適切な処置ができない可能性があり、非常に危険です。

産婦人科でもらうアフターピルで副作用が出た場合は、処方した産婦人科を受診し、適切な処置を受けることが一般的な流れです。

しかし、通販サイトで購入したアフターピルは、責任を持ち対処できる医療機関もなければ、成分すら不明確な場合もあります。

通販サイトでの医薬品の個人輸入は、服用後の体調不良もあわせて自己責任となります。

重大な副作用が出た場合、正規の手順で購入し服用した医薬品であれば、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。

医薬品副作用被害救済制度は、重大な副作用が出たときの治療費を公的支援でまかなう制度です。

しかし、個人輸入で購入した医薬品は、救済制度の対象となりません。

万が一高額な治療費の支払いが必要でも、公的支援は受けられないため、通販サイトでのアフターピルの購入は避けるようにしましょう。

アフターピルだけもらえるオンライン診療サービスおすすめ3選

オンライン診療

一般的な産婦人科以外でアフターピルのみを購入したいときは、オンライン診療サービスの利用を検討しましょう。

おすすめのオンライン診療サービスは、次の3つです。

  • クリニックフォア
  • メデリピル
  • DMMオンラインクリニック

それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介します。

クリニックフォア

クリニックフォア

PR

※情報提供元:CLINIC FOR

最短お届けピルの種類診療実績

最短翌日

全13種

100万件以上
こんな人におすすめ!
  • 72時間アフターピルが欲しい
  • ピル以外の悩みも相談したい
  • 安心の大手を利用したい

取り扱いピル&料金

タップ/クリックで開く
ピル名通常
料金
定期
料金
マーベロン


3,278円



2,783円
トリキュラー
ラベルフィーユ
アンジュ
ファボワール
※価格は全て税込価格です。
クリニックフォア
ピルの即日
発送条件
16:00までに
決済完了
診療時間9:00〜20:45
定期割引最大15%
診察料金初診1,650円
再診1,650円
配送料550円/1回
公式サイト今すぐ予約する
※価格は全て税込価格です。

クリニックフォアは、オンライン診療実績100万件以上の豊富な経験を持つクリニックです。すぐにアフターピルが欲しい場合、「アフターピルが欲しい」からワンクリックで最短日時の予約も可能です。

初診でもオンライン完結でアフターピルの処方が受けられるため、はじめてオンラインクリニックを利用する方もスムーズでしょう。

クリニックフォアでは後発品を含む全4種のアフターピルを取り扱っています。料金は9千円前後ですが、後払いも利用できることから手元にお金がない場合でも利用可能です。

提供:クリニックフォア

メデリピル

メデリピル
提供:メデリピル
最短お届けピルの種類診療実績

最短翌日

全14種

診療満足度98%
こんな人におすすめ!
  • 低用量ピルが欲しい
  • アフターピルを安く購入したい
  • ピルをまとめて購入したい

取り扱いピル&料金

タップ/クリックで開く
ピル名通常
料金
定期
料金
マーベロン


■3シートおまとめプラン
9,460円
■6シートおまとめプラン
17,820円



2,970円
トリキュラー
ラベルフィーユ
アンジュ
ファボワール
シンフェーズ
※価格は全て税込価格です。
メデリピル
ピルの即日
発送条件
17:00までに
決済完了
診療時間10:00〜23:00
定期割引初回ピル代無料
(対象商品限定)
診察料金初診1,650円
再診1,650円
配送料550円
(アフターピルは送料無料)
公式サイト詳細
※価格は全て税込価格です。

メデリピルは、LINE完結でアフターピルの処方を受けられるオンラインピル処方サービスです。

公式サイトからすぐにLINEの友達登録画面が開くため、友達追加をおこない診察の予約をしてみてください。アフターピルの送料は無料です。

メデリピルでアフターピルの処方を受けたあと、継続してピルを飲みたい場合は低用量ピルへの切り替えも可能です。低用量ピルの料金は初月無料となっており、費用負担を抑えて継続した避妊ができるでしょう。

今後低用量ピルへの切り替えを検討している方には、メデリピルがおすすめです。

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニック
最短お届けピルの種類診療実績

最短当日

全13種

業界大手
こんな人におすすめ!
  • 本日中にピルが欲しい
  • 超低容量ピルを継続したい
  • DMMのサービスを利用している

取り扱いピル&料金

タップ/クリックで開く
ピル名通常
料金
定期
料金
マーベロン

3,179円


2,783円
トリキュラー
アンジュ
シンフェーズ
※価格は全て税込価格です。
DMMオンラインクリニック
ピルの即日
発送条件
平日15:30
土日祝日14:30
までに受信された方
※バイク便選択で当日到着可
診療時間08:00〜21:00
定期割引あり
診察料金無料
配送料550円
公式サイト今すぐ予約する
※価格は全て税込価格です。

DMMオンラインクリニックではオンライン診察完了後、最短当日にアフターピルを受け取れます。土日祝でも診療を受けられるため、すぐにアフターピルを受け取りたい方はDMMオンラインクリニックを検討してみてください。

アフターピルの処方をDMMオンラインクリニックで受ける場合、送料はかかりますが診察料は無料です。

さらに支払いにはDMMポイントが利用できることから、DMM関連のサービスに登録している方にはとくにおすすめです。

産婦人科でアフターピルだけもらう前に知っておきたいこと

Creative idea or innovation concept. Hand picked wooden cube block with question mark symbol and light bulb icon

産婦人科でアフターピルのみをもらうときは、トラブルに発展しないようにさまざまなことに注意する必要があります。

アフターピルを購入する際は、アフターピルの用法や受診時の注意点について、知識を増やすことが望ましいです。

産婦人科でアフターピルを購入するときは、主に次のことについて理解を深めておきましょう。

  • 120時間以内に服用する
  • 本人がもらいに行く
  • 服用から2時間以内の嘔吐や下痢に注意
  • 妊娠検査薬で確認する
  • 次の生理まで性行為は控える

上記のことは、いずれも知らなければ大きな後悔につながるため十分に注意が必要です。

具体的に注意すべきポイントを解説します。

120時間以内に服用する

アフターピルは、最長で120時間以内に服用する必要があります。有効期間を過ぎると、避妊成功率は大幅に下がるためです。

ピルの種類により有効期間が72時間以内のものもあるため、その場合は72時間以内の服用が欠かせません。

また、有効期間内であればいつでもよいわけではなく、できる限り早めに服用が重要です。

妊娠を望んでいない中で避妊に失敗した際は、すぐ医療機関を受診し、アフターピルを服用しましょう。

本人がもらいに行く

アフターピルの購入と処方に伴う診療は、必ず本人が対応する必要があります。そのため産婦人科は、必ず本人が訪れましょう。

もちろんオンラインクリニックも同様のため、オンライン診療は本人のみ受付となります。

代理人として家族やパートナーが診療を受けたり、アフターピルを購入したりは認められません。

家族やパートナーの同伴は可能ですが、対応は必ず本人がおこなうようにしましょう。

服用から2時間以内の嘔吐や下痢に注意

アフターピル服用後は、2時間以内の嘔吐の副作用に注意しましょう。

服用後2時間以内に嘔吐すると、アフターピルの成分が十分に吸収されないせいで、避妊失敗につながるからです。

服用後2時間以内に嘔吐した場合は、再びアフターピルの購入と服用が必要となります。

アフターピルの副作用として我慢できないほどの吐き気を催すことはまれですが、服用する際は注意点としてよく認識しておきましょう。

妊娠検査薬で確認する

アフターピルを服用したあとは、2〜3週間後を目安に、避妊できたのかを妊娠検査薬で確かめましょう。

アフターピルによる避妊効果は服用が早ければ早いほど高いとされますが、絶対的な効果があるわけではありません。

早めの服用でも避妊に失敗する場合はあるため、必ず検査薬で確認しましょう。

妊娠検査薬で陽性が出た場合は、避妊失敗の可能性が考えられます。

まずは早めに産婦人科を受診し、状況を説明したうえで正規の検査を受けましょう。

次の生理まで性行為は控える

アフターピル服用後は、次に生理が来るまで、性行為を控える必要があります。

アフターピルの効果は1回のみ有効のため、避妊に失敗するケースに、服用後も避妊せず性行為を続けてしまうケースが挙げられます。

まずはアフターピルによる避妊成功を優先し、不必要なリスクは冒さないようにしましょう。

アフターピルについてよくある質問

アフターピルを服用する際は、さまざまな不安や疑問を抱くでしょう。

ほかの医薬品と比べてアフターピルは何度も服用しないため、多くの方になじみのある医薬品ではないからです。

そのためアフターピルに関するよくある質問は、事前に確認したいところです。

アフターピルに関するよくある質問は、次のとおりです。

  • アフターピルの服用は食前と食後どちら?
  • 血栓症になるリスクはある?
  • アフターピル服用後に飲酒をしてもよい?
  • 避妊に失敗する可能性はある?

一つ一つの質問に回答します。

アフターピルの服用は食前と食後どちら?

アフターピルは、食事のタイミングを問わずすぐ服用する必要があります。

ほかの服用中の薬との兼ね合いがある場合は、事前に医師に相談しましょう。

血栓症になるリスクはある?

アフターピルは継続的に服用する薬ではないため、血栓症のリスクはほぼないとされています。

一方で、少ないながらも一定の血栓症リスクが伴うピルは低用量ピルです。

低用量ピルが血栓症のリスクを伴う原因は、低用量ピルに含まれるエストロゲンが血液凝固作用を持つからです。

とくに、喫煙者の方や肥満の方、高齢の方はピル服用に伴う血栓症リスクが高いとされるため、服用時は医師によく相談する必要があります。

アフターピルは、前述のとおり何度も服用する医薬品ではないため、血栓症リスクはほぼありません。

アフターピルは、血栓症については心配せずに服用できる医薬品といえるでしょう。

アフターピル服用後に飲酒をしてもよい?

アフターピル服用後の飲酒は避けましょう。

アルコールもアフターピルも肝臓で分解される性質を持つため、服用後にアルコールを摂取すると、アフターピル分解に悪影響をもたらす恐れがあります。

服用後2時間以内は、飲酒により嘔吐すると、避妊効果が得られなくなる可能性が高まります。

少なくとも、服用から2時間以内の飲酒は避けるようにしましょう。

避妊に失敗する可能性はある?

アフターピルを服用しても、避妊に失敗するケースはあります。

アフターピルは有効期間内なら高い避妊成功率が望めますが、それでも避妊効果を保証するわけではありません。

次に当てはまる方は、避妊に失敗する確率が高まりやすいため要注意です。

  • 有効期間ぎりぎりのタイミングで服用した
  • 服用してからすぐ嘔吐した
  • 別の薬との飲み合わせが悪かった
  • 個人輸入で購入したアフターピルを服用した
  • 服用後に再び避妊せず性行為をおこなった

アフターピルの効果を下げる要因として気になることがあれば、診療の際に医師に必ず相談しましょう。

そもそも避妊に成功できるのか不明確な個人輸入のアフターピルも、服用は控える必要があります。

まとめ

まとめ

産婦人科でアフターピルをもらうときは、どのような手続きが必要なのか、あらかじめ手順や流れをチェックしておきましょう。

アフターピル購入のためには医療機関の受診が必要なため、産婦人科やオンラインクリニックの利用は欠かせません。

医師の診察を受けたうえで、用法を守り安全にアフターピルを服用しましょう

また、オンライン診察を受ける場合は、事前におすすめのオンラインクリニックサービスを調べることも重要です。

事前にアフターピルについては十分に理解を深めたうえで、購入を検討しましょう。

<参考>
フィットクリニック
的野ウィメンズクリニック
エミシアクリニック

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次