MENU

大阪でアフターピルを処方可能なおすすめクリニック10選!選び方のポイントも解説

※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

アフターピルは、避妊に失敗した際や避妊具が破損した場合など、望まない妊娠に対応するための緊急避妊薬です。アフターピルは一般の薬局やドラッグストアで購入できません。

医師の診察と処方が必要となるため、信頼できるクリニックを見つけることが重要です。

本記事は、大阪でアフターピルの処方が可能なおすすめのクリニック10選を紹介します。

クリニック選びのポイントも詳しく解説します。必要なときに安心して適切な医療機関を選ぶ際のぜひ参考にしてください。

目次

アフターピル(緊急避妊薬)とは?

まとめ

アフターピルは、緊急避妊薬とも呼ばれ、性交後に不意の妊娠を防ぐために利用される薬です。避妊具の破裂や避妊失敗などの緊急時に利用されます。

アフターピルの効果

アフターピルは効果を発揮するために、性交後できる限り早く服用する必要があります。最も効果的なタイミングは、性交後72時間以内です。

アフターピルには次の2つの効果があります。

  • 卵巣から卵子が放出される排卵を遅らせることで、精子と卵子が出会う可能性を減らす
  • 子宮内膜の状態を変化させることにより、もし卵子が受精した場合でも着床を困難にする

アフターピルの種類・避妊確率

アフターピルの種類は大きく3つあります。現在主流のレボノルゲストレル製剤、最新の避妊薬ウリプリスタール、従来主流であったヤッペ法です。

レボノルゲストレルは日本で認可されている唯一の緊急避妊薬です。受精卵を作らせない働きと、受精卵が子宮内に着床を防ぐことで避妊します。性交渉から24時間以内の服用が理想的であり、性交渉から48~72時間以内での高い避妊効果が期待できます。

ウリプリスタールは最新の緊急避妊薬で、まだ日本では認可されていませんが、安全性が高いとされています。特徴としては、性交渉から120時間以内に内服すれば避妊効果が得られる点です。

従来薬より猶予期間が長いうえに避妊効果が高く、副作用のリスクが少ないとされています。

ヤッペ法はレボノルゲストレルが認可される以前に一般的に用いられていたアフターピルです。性交渉から72時間以内に中用量ピルを2錠服用し、その12時間後にさらに2錠服用します。

しかし、吐き気や嘔吐などの副作用が強く出るデメリットがあるため、処方機会は減少しています。

それぞれの特性を理解し、自身に最適な薬剤選択が重要です。

アフターピルの副作用

アフターピルの服用には副作用が伴う可能性があります。一般的な副作用には、吐き気、疲労感、頭痛、めまい、乳房の敏感さ、下腹部の痛み、出血などがあります。

上記の副作用は一時的で、一般的には数日で改善されます。しかし、副作用が重く持続する場合、予期せぬ副作用が現れた場合は、医師にすぐに相談する必要があります。

大阪でアフターピルを処方可能なクリニックの選び方

大阪でアフターピルを処方可能なクリニックを選ぶ際のポイントを紹介します。

費用で選ぶ

アフターピルは保険適用外の処方箋医薬品であるため、費用がクリニックによりさまざまです。そのため、クリニック選びの際には費用も重要な選択基準です。

各クリニックの公式サイトを活用し、処方薬の種類やだいたいの費用、支払い方法を事前に調査しておくとよいでしょう。

知名度の高さで選ぶ

クリニックの選択において知名度の高さも重要です。とくにアフターピルを初めて処方してもらう際には、不安な気持ちを払拭するために、多くの方が信頼して利用しているクリニックを選びたいでしょう。

クリニックの知名度は、そのクリニックが全国展開しているか、また取り上げられているメディアの数や種類などから推測できます。

口コミ情報で選ぶ

口コミ情報は、実際にクリニックを利用した方の体験談が知れる貴重な情報源です。インターネット上には、各クリニックの口コミ情報を集約したサイトが数多く存在します。

口コミ情報サイトを活用して、受診した方の満足度、スタッフの対応、待ち時間の長さなど、実際の診療環境を把握できます。口コミ情報は個々の経験に基づいているため、信頼しすぎず、参考する程度に考えましょう。

大阪でアフターピルを処方してもらえるクリニック10選

診察

アフターピルを処方してもらうためには、信頼性の高いクリニック選びが重要です。大阪市内でアフターピルを提供しているおすすめのクリニックを、それぞれの特徴とサービスをあわせて紹介します。

アフターピル大阪クリニック

アフターピル大阪クリニックは、アフターピル処方に特化した医療機関です。周辺には裁判所や警察署、アメリカ領事館などが立地しており、ビルのセキュリティには万全が期されています。

緊急避妊薬に特化した診療スタイルが最大の特徴です。クリニック内ではプライバシーが最大限に配慮されています。待合室はプライベート空間として独立しているため、患者同士が顔を合わせることなく秘密保持に細心の注意を払われています。

初めてアフターピルの処方を希望する方も気軽に訪れられます。アフターピルの料金体系は、レボノルゲストレルの処方が診察料とカウンセリング料金もあわせてに加えて18,000円(税込)です。

東梅田かなもりクリニック

東梅田かなもりクリニックは、日本専門医機構認定産婦人科専門医や日本医師会認定産業医など、幅広い医療分野の専門医資格を保有した医師による診療に定評があります。

大阪中心部の梅田エリアに位置し、各沿線からのアクセスが良好で利用しやすいクリニックです。アフターピルの料金体系は、初診料無料でレボノルゲストレルが9,900円(税込)です。

希咲クリニック

希咲クリニックは大阪梅田の十三駅近くにある女性専門の医療施設です。婦人科、産科、乳腺外科、甲状腺外科の診療を提供しており、女性の生涯にわたるさまざまな健康問題に対応しています。

アフターピル処方に関しては、レボノルゲストレルが処方可能で診察料込みで8,000円(税込)で処方を受けることができます。カフェのような落ち着いた雰囲気で、診療室や検査室はほかの患者から見えないように設計されています。

希咲クリニックは、女性にと便利で親しみやすい場所の提供を目指しており、女性特有の病気や悩みに寄り添うクリニックです。

メディアージュクリニック大阪梅田院

メディアージュクリニック大阪梅田院は待ち時間を極力短縮し、即日対応可能な婦人科クリニックです。さらに、土日祝日も11時から20時まで診療しているため、時間を気にせずに受診可能です。

婦人科、産科、乳腺外科、甲状腺外科などの外来も受け付けており、女性の美と健康に関する幅広い問題に対応しています。

アフターピルは2種類取扱いがあり、自身の状況にあわせて処方を受けられます。レボノルゲストレルが12,980円(税込)、最新アフターピルが16,500円(税込)に別途初診料2,200円(税込)で処方可能です。

心斉橋レディースクリニック

心斎橋レディースクリニックは、オンライン診療を実施しているため忙しい方でも受診しやすいでしょう。スマートフォンやタブレットのビデオチャット機能を活用し、ご自宅や外出先からでも簡単に診療を受けられます。

また土日祝日も診療をおこない、診療時間も19時まで遅くまで開いているため、自身のライフスタイルにあわせて受診できます。性交後120時間までの服用に対応している最新アフターピルが14,080円(税込)です。

そのほかレボノルゲストレルは8,800円(税込)で処方を受けられます。さらに、学生の方に対しては特別割引も提供されており、最新アフターピルは12,980円(税込)、レボノルゲストレルは7,700円(税込)です。

ふくだレディースクリニック

ふくだレディースクリニックは、産婦人科の診療から不妊治療、思春期から更年期、老年期にかけてのヘルスケア、エイジングケアまで、女性の健康をトータルにサポートする医療機関です。

住之江区や住吉区の地域医療に従事してきた院長が、女性のライフステージに合わせた医療サービスを提供しています。

また、オンライン診療も可能で遠方からでも診療を受けることができます。患者のプライバシーを尊重し、安心して受診できる環境を整えています。

アフターピルの料金体系は、レボノルゲストレルが7,500円(税込)で処方可能です。「いつまでもチャーミングな女性をサポートする」といった理念のもと、女性にと安心して受診できる環境が整備されています。

ゆうきクリニック梅田茶屋町院

ゆうきクリニック梅田茶屋町院は、妊娠を望まない方ができる早く適切な対応を受けられるよう、土日祝日や夜間でもアフターピル処方が可能です。アフターピルは院内処方のため、診察後すぐに服用できます。

アフターピルの料金体系は、性交後120時間までの服用に対応している最新アフターピルが13,200円(税込)、最新かつ国内純正のアフターピルが16,500円(税込)です。診察料などは一切かかりません。

そのほかにも、美容医療全般についても相談可能です。品質、技術、サービスに妥協せず、適正な料金設定で提供していることから、多くの患者から信頼されているクリニックです。

星光クリニック

星光クリニックは、難波駅から徒歩1分とアクセスが非常に便利な場所に位置しています。未成年者でも保護者の同意書や同伴が不要で、アフターピル処方を受けられる点が特徴です。

オンライン上での予約システムを導入しており、アフターピルが必要な女性にと手軽に受診予約が可能です。2回目以降の受診では予約なしで待ち時間なくアフターピルの処方を受けられます。レボノルゲストレルが診察料込7,500円(税込)です。

TAKA LADIES CLINIC

TAKA LADIES CLINIC(タカレディースクリニック)は難波駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩5分と利便性がよい場所に立地しています。夜間や土日をメインに診療していることが大きな特徴です。

平日23時までの診療や土日祝日も診療時間を設けており、自身のライフスタイルにあわせて受診可能です。院長は、長年生殖医療や医療過疎地の産婦人科診療に携わりつつ、働きながら通学しMBAを取得しています。

そのため医療業界の常識に縛られない医療の提供を目指しています。受診したくてもできない環境にいる患者の支えになるべく、通いやすい診療環境の整備に注力しています。

アフターピルについては、レボノルゲストレルを診察料込11,000円(税込)で処方しています。

山口あきこクリニック

山口あきこクリニックは、地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から徒歩1分で、学校帰りや仕事帰りにも気軽に立ち寄りやすい立地です。女性院長がすベての診療を担当しているため、女性が安心して相談できるクリニックです。

アフターピルのレボノルゲストレルは、診察料込みで9,350円(税込)で処方を受けられます。院長は泌尿器科専門医師であり、内科的な視点からも診療をおこない、女性の健康管理を総合的にサポートしています。

アフターピルに関するよくある質問

アフターピルの仕組み

これまで、アフターピルの基本情報やおすすめのクリニックについてお伝えしてきました。さらにアフターピルについて疑問や不安がある方のために、よくある質問について回答します。

未成年でもアフターピルを処方してもらえる?

未成年者でもアフターピルの処方を受けられます。未成年者の場合、親権者の同意が必要な場合があるため、自身が通う予定のクリニックに事前に確認をおすすめします。

また、アフターピルの服用は体に直接的な影響を及ぼす可能性があるため、医師の指導のもと自身に最適な薬剤を処方してもらいましょう。

アフターピルは薬局で買える?

アフターピルは一般的なドラッグストアや薬局で購入はできません。アフターピルは処方箋医薬品であり、医師の診断と処方が必要です。

避妊に失敗した場合や性行為後に避妊が不完全であったと感じた場合は、すぐに医療機関に連絡し相談しましょう。

授乳中にアフターピルを服用してもよい?

アフターピルは一部が母乳に移行する可能性があります。そのため、アフターピルを服用した後は医師の指導に従い、24時間は授乳を控えてください。

その間は、母乳以外の飲食物で乳児の栄養補給をおこないます。授乳中でもアフターピルが必要な場合は、必ず医療機関に相談し、適切なアドバイスを受けてください。

まとめ

手をつなぐ

本記事では、大阪でアフターピルを処方可能なおすすめクリニックを10つ紹介し、選び方のポイントも解説しました。

アフターピルを利用して避妊するためには、早期服用が求められます。本記事をぜひ参考にして、自身のニーズにあった医療機関を受診してください。

<参考>
アフターピル大阪クリニック
東梅田かなもりクリニック
希咲クリニック

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次